フレシャススラット徹底比較!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレシャススラット徹底比較!

フレシャススラットの機能や特徴、他ウォーターサーバーとの違いを徹底検証!

フレシャス スラット(slat)は正直凄い…!フレシャス最安の最新高機能ウォーターサーバーを徹底解説!

f:id:frecious_slat-hikaku:20170206151757j:plain

フレシャスの新型モデル「フレシャスSlat(スラット)」が2016年9月29日から受付開始しました。

f:id:frecious_slat-hikaku:20170206151821j:plain

「デュオ」モデルに引き続き、こちらの新型「スラット」も一見するとウォータサーバーとは思えない洗練されたデザインですね~。

ボトルの交換をサーバーの下部分から行うスタイルになっていたりと、先代のデュオモデルとはかなり別モノになっています。

以下にフレシャススラットのスペック・料金プランをまとめておきましたので、デュオや他社サーバーとの比較として是非お役立てください。

結構長くなってしまったので、時間がない方はフレシャススラットの料金プランフレシャススラットのメリット・デメリットまとめまでどうぞ!


※2017年5月29日追記
6月15日までの期間限定で、スラット本体購入の価格が5,000円割引きになるキャンペーンも現在実施中です!
詳細はこちらの記事で↓


※2017年3月2日追記
スラットのレビュー記事を追加!
実際に使用して気づいた、細かい点をまとめてみました。


フレシャススラット公式サイト



フレシャススラットの特徴・機能まとめ

グッドデザイン賞受賞!デザイナー安積伸によるこだわりの設計

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011173048j:plain

先代のデュオに引き続き、世界的なデザイナー「安積伸」によって緻密にデザインされたスラット。

見た目のスタイリッシュさだけでなく、ボタンの配置や押し心地にまで徹底的にこだわり抜いており、長く使い続けたくなる快適でハイクラスな使用感を追求しています。

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011173139j:plain

カラーはシンプルに白黒の2種類のみ。

横面や注ぎ口部分は鏡面仕上げになっており、グラスに注がれる水がなんとも映えそうですね。

圧迫感のない自然さをコンセプトにデザインされているので、和洋どちらのお部屋にもすっと馴染みます。

2016年のグッドデザイン賞も受賞しており、これでフレシャスはデュオに引き続き二度目の受賞。

デザインだけでなく、フレシャスは2016年のオリコン日本顧客満足度ランキングでも1位を獲得していたりと、まぁとにかく絶好調でノリにノリまくっている会社という感じですね(^o^;)

容量アップした9.3Lクラッシュボトルを採用!サーバー下部での収納・交換式に

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011174022j:plain

デュオからの一番大きな変化が、サーバー下部から水の交換を行えるようになった点でしょう。

他社ですとコスモウォーターのサーバーなどと同じですね。

※ちなみにコチラがコスモウォーターのサーバー

実際、これやってみると本当に楽なんですよね。

十数キロはあるボトルを胸や肩の高さまでよいしょと持ち上げるのって、普段から体鍛えてないと厳しいですから(笑)

特に小柄な女性やお年寄りだと本当にしんどい作業です。

もともとフレシャスは7.2Lの軽量パックが女性に人気のウォーターサーバーでしたので、今回のスラットもそういった女性の声を汲み上げたものなのでしょうね。

f:id:frecious_slat-hikaku:20170118130220j:plain
※左がデュオのパック式天然水、右がスラットのペットボトル式天然水

難点は、パック式に比べるとゴミの量が増えてしまうこと、さらに水が減っていくとボトルも縮むエアレス仕様なのでその際に「ベコッ」と音がしてしまう点、ですかね(^_^;)

リヒート(再加熱)機能が新たに追加!

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011175752j:plain

スラットにだけ新しく追加された機能がこのリヒート(再加熱)機能です。

通常85℃前後の温水を、3~4分の加熱で93℃前後の熱湯にしてくれます。

ウォーターサーバーを普段から利用している方ならご存知でしょうが、80℃台のお湯ってインスタント食品などに使用するにはちょっとばかしヌルめなんですよね~。

カップ麺が芯まで柔らかくなっていなかったりと…(^_^;)

わたし自信、よくウォーターサーバーのお湯でドリップコーヒーを淹れるのですが、コーヒー用としても90℃以上が理想なんですよね。

なのでいちいち温水を電気ケトルで更に沸騰させてから使ってます。

そういった日頃のちょっとした手間を、スラットならボタン一つで解消してくれるのだから、非常にありがたいですね。

常温水ボタンでいつでも常温の天然水が使える!

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011175805j:plain

ありそうで意外となかった常温水ボタン。これは他社でもめったに見かけることがない珍しい機能ですね。

まぁもともとウォーターサーバーって、温水と冷水を混ぜることで温度調節は非常にカンタンですから。わたしも、朝一に飲む水はかなりヌル目の温度にしてますし。

でもボタン一つで済むのならそれに越したことはありません。

水の味が一番わかりやすいのが、この常温水でもありますしね。

ただ冬場の寒い地域ですと、常温でも冷水と温度がほとんど変わらないよ!なんて事態になりそうですが(笑)

利便性と子どものいたずら防止に!出水口を従来より16.5cm高く設計

f:id:frecious_slat-hikaku:20170119144328j:plain

デザイナーの「安積伸」さんのこだわりにより、フレシャススラットは出水口やトレイ部分が従来より16.5cmも高めに設置されています。

f:id:frecious_slat-hikaku:20170117200045j:plain
※従来型やデュオとの比較

より自然な使い心地を追求した上での設計でしょうが、同時に小さい子どものいたずら防止という点でも優れたメリットになっています。

2016年9月に、チャイルドロックの不具合によるウォーターサーバー事故が発生しています。

温水レバーのチャイルドロックが、汚れや傷など何らかの影響で解除されたまま固定されてしまい、結果子どもが温水レバーを触ったときに火傷をしてしまった事故です。

未だにこのような事故が発生しているので、ウォーターサーバーにはチャイルドロックを過信しすぎない乳幼児への火傷対策が必須です。

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011193745j:plain
※ロックボタンは2秒長押ししないと解除されません

その点で考えますと、スラットはボタンや出水口が触れにくい上部に集中している上に、スイッチ類はすべて電子制御のボタン式。

レバー式のサーバーとは違い、パーツが物理的に固定されてしまうような危険性は限りなく低くなっています。

調乳用としても最適!水温70℃のエコモード機能

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011193950j:plain

従来のフレシャスデュオ同様、フレシャススラットにも温水の温度を下げて省エネ運転に切り替えるエコモードボタンが搭載されています。

外出時など日中サーバーを使わないときの節電機能ですが、赤ちゃんの調乳用としても意外と便利なんです。

赤ちゃんのミルクには、70℃以上のお湯を使用することが推奨されています。

粉ミルク(乳児用調整粉乳)を70℃以上のお湯で溶かすワケを知っていますか?

それは、粉ミルク中の病原菌を殺菌するためです。
粉ミルクは無菌ではありません。

ごく微量ですが、粉ミルクそのものや、溶かした粉ミルクに「Cronobacter sakazakii(サカザキ菌)」や「Salmonella enterica(サルモネラ菌)」といった細菌が入っていることがあり、問題視されています。

参考:横浜市衛生研究所

この殺菌用として、エコモードの温水70℃というのがちょうどピッタリなんですね!

もちろん殺菌だけならそれ以上の熱湯でも大丈夫なんですが、人肌に冷ますのが大変ですから(^_^;)

リヒート(再加熱)機能、常温水ボタン、エコモード機能とさまざまな温度調節を自在にしたのが、フレシャススラットの大きな特徴と言えますね。

光センサー搭載!お休み時には自動SLEEP機能で節電

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011194411j:plain

光センサーも、同社のデュオやサイフォンモデルから受け継がれた機能です。

お部屋の明るさを感知し、暗くなれば自動的に温水用ヒーターをオフにしてくれます。

SLEEP機能は、面倒な設定なども一切不要で勝手に節電してくれますから本当に楽ちんですよ(*^_^*)

欠点は、温水の再加熱に10~15分ほど時間がかかってしまうことですね。

まぁこれは朝どれくらいの時間帯に起きるかに関わってきますので、普通に明るくなってから起きている方でしたらまったく気にする必要はありません。

まだ暗いうちに起きている方でも、顔を洗ったり歯を磨いたりしている時間で十分加熱できますよ。

熱干渉を避けるデュアルタンク構造で電気代を月380円に軽減!

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011194433j:plain

デュオモデルから搭載されたこのデュアルタンク構造は、新型スラットにも継承されています。

通常は繋がっていることの多い温水と冷水のタンクを効率よく分離し、互いの熱干渉を最小限に抑えることで電気代を業界最安レベルにまで抑えることに成功しています。

デュアルタンク構造非搭載のサイフォンが月の電気代680円なのに対し、デュアルタンク構造搭載のデュオは月330円、スラットが月380円とほぼ半減です。

スラットのほうがデュオよりも少し電気代高めになっているのは、恐らくサーバーの下から水を汲み上げる構造になっているためでしょうね。

温水を循環させるフレッシュ機能でカビの繁殖を防ぐ!

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011194628j:plain

フレシャススラットは、エアレス構造のため雑菌を含む外気が入り込むことはほとんどありません。

それに加え、更に水の安全性を高めるため定期的にサーバー内全体に温水を循環させるフレッシュ機能が搭載されています。

カビの耐熱性


※横スクロール可能
カビ 胞子 熱死滅条件
温度 D値
麹カビ
(Aspergillus sp.)
分生子 50度 5分
子嚢胞子 65度 50分
青カビ
(Penicillium sp.)
分生子 60度 2.5分
子嚢胞子 82度 6.7分
D値:一定温度で加熱した時、生菌数が1/10に減少させるのに必要な加熱時間(分)

参考:カビ対策マニュアル 基礎編−文部科学省

上記はカビを熱殺菌する基準です。

フレッシュ機能は85℃前後の温水を約90分かけて循環させるので、ほぼ全てのカビを殺菌することができます。

水の滞留を防ぐことにもなりますので、味や新鮮さを保つ効果としても期待できますよ。

基本的に、30日に1回のペースで自動的に行なってくれますが、動作中90分ほどは水の利用ができなくなります。

お出かけ前や、お休み前に行うのがオススメです!

選べる天然水は1種のみ

f:id:frecious_slat-hikaku:20170119154858j:plain

現状だとフレシャススラットで選べる天然水は、「FRECIOUS富士」の1種類のみです。

フレシャスデュオの天然水3種類をいつでも好きに選べるシステムに比べると、いささかグレードダウンという感は否めません。

FRECIOUS富士成分表(公式サイト)

といってもモノが悪いワケではありません。美容成分として名高いバナジウムも豊富ですしね。

まぁ種類に関しては今後に期待したいところです(^_^;)



フレシャススラットの料金プラン

f:id:frecious_slat-hikaku:20170207131249j:plain

フレシャススラットは契約前に、レンタルプラン本体購入プラン(バリュープラン)のどちらかを選ぶ必要があります。

それぞれのプランにはメリット・デメリットがありますので、契約前にしっかり確認しておきましょう!

スラットの料金プラン比較(レンタル・本体購入)


※横スクロール可能、価格は全て税込、()内はキャンペーン中の価格
レンタル 本体購入
レンタル料 972円/月
(水3箱以上購入
で翌月無料)
0円
サーバー
購入費
0円 一括:54,000円(48,600円)
分割:1,500円(1,350円)/月×36回
天然水
9.3Lボトル
の価格
1,465円 1,188円
月1箱
(ボトル2本)
注文の場合
3,902円 一括:2,376円
分割:3,876円(3,726円)
月2箱
(ボトル4本)
注文の場合
6,832円 一括:4,752円
分割:6,252円(6,102円)
月3箱
(ボトル6本)
注文の場合
8,790円 一括:7,128円
分割:8,628円(8,478円)
上記は、レンタルプランと本体購入プランの料金比較表です。

スラットの本体価格は54,000円と驚きの価格なのですが、その分天然水の料金がレンタルプランよりも約20%割引されます。

この天然水割引のおかげで、実はレンタルするよりも本体を分割購入したほうが毎月の支払いは安くなるのです!

レンタルプランも月3箱注文ならレンタル代無料なのですが、それでもまだ本体購入プランの天然水割引には敵いません。

サーバー代金完済後は支払いも水の購入費だけになるので、月の負担はさらに軽くなります。

フレシャス全サーバー別天然水料金比較

フレシャスで申し込める全ウォーターサーバーの天然水料金を、500mlの料金でそれぞれ比較してみました。


※横スクロール可能、価格は全て税込、()内はキャンペーン中の価格
使用できる
天然水
500mlの価格
Slat(スラット)
本体購入
9.3Lボトル
1本1,188円
63.9円
Slat(スラット)
レンタル
9.3Lボトル
1本1,465円
78.8円
dewo(デュオ)
本体購入
7.2Lパック
1個933円~
(1個920円~)
64.8円~
(63.9円~)
dewo(デュオ)
レンタル
7.2Lパック
1個1,167円~
(1個1,150円~)
81.0円~
(79.9円~)
SIPHON
(サイフォン)
7.2Lパック
1個1,167円~
81.0円
SIPHON Slim
(サイフォンスリム)
7.2Lパック
1個1,167円~
81.0円
AQUWISH
(アクウィッシュ)
7.2Lパック
1個1,167円~
81.0円
carrio
(キャリオ)
4.5Lパック
1個897円
99.7円
FRECIOUS BOTTLE basic
(フレシャスボトルベーシック)
9.3Lボトル
1本1,465円
78.8円
上記のとおり、スラットはレンタルでも料金最安、本体購入プランなら更に20%オフと
フレシャス内で天然水コスパが抜群に優れています!
(※現在実施しているキャンペーン中に限り、デュオもスラットと同水準にまで安くなっています。参考リンク→フレシャスキャンペーンまとめ記事

ちなみに、ウォーターサーバーの本体購入が可能なのは現状スラットとデュオのみ。他の機種はレンタルでのみ申込可能です。

最新型で機能も豊富、さらに利用コストもフレシャス内で最安と、スラットはまさに良いとこ取りなウォーターサーバーになっています(*^_^*)

フレシャスのウォーターサーバー一覧

レンタルと本体購入どっちがお得?

上記の料金比較だけだと本体購入プランのほうがオトクに見えますが、もちろんレンタルプランにもメリットはあります。

f:id:frecious_slat-hikaku:20170118170836j:plain

画像は、レンタルプラン・本体購入プランで毎月一箱注文を続けた場合の料金比較です。

実はサーバー本体の分割払いには、「支払いの途中でフレシャスを解約すると残金を一括で請求される」という決まりがあります。

なので、短期でフレシャスを解約する場合は、レンタルプランの方がかかる料金は少なくて済むんですよね。

上記のグラフのとおり、大体3年が目安です。

それ以上の長期使用になってくると、コストは本体購入プランの方が圧倒的にオトクになります。

つまり、まとめるとこんな感じ↓


スラット料金プランまとめ

  • 3年未満の短期使用ならレンタルプランのほうがお得!
  • 3年以上の長期使用なら本体購入プランのほうがお得!

レンタルプランは2年未満で解約すると解約手数料9,720円が発生してしまいますが、それ込みでもやはり短期使用ではレンタルのほうが安くなります。

他のウォーターサーバーもまだ色々試してみたいな」という方はレンタル、
一度決めたら滅多なことでは業者を変えないよ」という方には本体購入がオススメです!

スラットの本体購入プランについては、↓の記事でも詳しく解説していますので、ぜひご参考ください!



フレシャススラット仕様一覧

スラットの細かい仕様は以下の表をご参考ください。


※横スクロール可能・価格は全て税込
レンタル 本体購入
初期費用 無料 税込54,000円
(分割1,500円×36ヶ月)
レンタル
料金
初月無料
2ヶ月目以降税込972円
(3箱以上注文で翌月無料)
無料
サーバー
配送料
無料
(沖縄及び離島など一部地域を除く)
メンテナンス
料金
無料
天然水料金
(1本9.3L)
税込1,465円 税込1,188円
天然水
配送料
無料
ボトル
の種類
ワンウェイ(使い捨て)方式
水の
賞味期限
未開封6ヶ月
水購入
ノルマ
最低4週に1箱(ボトル2本)購入
2ヶ月間定期配送中止で月額1,080円の休止手数料
定期配送
周期
毎週、隔週、3週間、4週間ごとから選択
週ごとの受取曜日・時間の指定も可能
配送周期・
注文数変更
フリーダイヤル、公式サイト内マイページから変更可能
定期配送
スキップ
定期配送は1回まで無料でスキップ可能
(2ヶ月連続の配送停止で手数料1,080円が毎月発生)
支払方法 クレジットカード
代金引換(発送1回で手数料324円)
冷水・温水
設定温度
冷水4~10℃、温水80~85℃
(エコモード70~75℃、リヒートモード90℃)
サーバー
のサイズ
幅:290mm
奥行:350mm
高さ:1,100mm
重さ 24kg
タンク
容量
冷水タンク:1.5L
温水タンク:1.5L
消費電力 冷水:90W
温水:430W
電気料金 月380円~
(全ての節電機能使用の場合)
解約金 契約後2年未満、
またはサーバー交換後
2年未満で解約の場合、
手数料9,720円が発生
本体購入プランの場合、
解約金は発生しない



スラットと他ウォーターサーバー比較

スラットとデュオ比較

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011195449j:plain

フレシャスの人気サーバー「デュオ」とスラットの比較は、別記事にてさらに詳細にまとめ直しました。

性能・料金比較としてぜひお役立てください!

※関連記事↓



スラットとサイフォン比較

f:id:frecious_slat-hikaku:20161011200329j:plain

こちらはスラットとフレシャスのサイフォンモデルの比較です。


価格は全て税込
※横スクロール可能
スラット(Slat) サイフォン(SIPHON)
リヒート機能 ×
常温水機能 ×
エコモード ×
SLEEP機能
フレッシュ機能
省エネ式
デュアルタンク
×
チャイルドロック
選べるカラー マットホワイト
マットブラック
パールピンク
クールブラック
シャイニーホワイト
メンテナンス費 無料 無料
レンタル料 月額972円
(本体購入は無料)
無料
レンタル料が
無料になる条件
前月3箱以上注文 条件無しで無料
1箱の中身 9.3Lボトル2本 7.2Lパック4個
天然水料金 レンタル:1本1,465円
本体購入:1本1,188円
1パック1,167~1,183円
500mlの価格 レンタル:78.9円
本体購入:63.9円
81.0~82.2円
水購入ノルマ 最低4週に1箱購入
2ヶ月注文なしで
月1,080円の手数料
最低4週に1箱購入
2ヶ月注文なしで
月1,080円の手数料
水配送料 無料 無料
ボトルの形式 ワンウェイ(使い捨て)方式 ワンウェイ(使い捨て)方式
天然水の種類 FRECIOUS富士 FRECIOUS富士
FRECIOUS木曽
本体サイズ 幅:290mm
奥行:350mm
高さ:1,100mm
幅:300mm
奥行:340mm
高さ:1,225mm
(ショートタイプは高さ775mm)
重さ 24kg 18.1kg
(ショートタイプは15.1kg)
タンク容量 冷水:1.5L
温水:1.5L
冷水:3.8L
温水:1.8L
(ショートタイプは温水1.3L)
消費電力 冷水:90W
温水:430W
冷水:80W
温水:350W
電気料金 月380円~ 月680円~
最低利用料金 レンタル:4,282円~
(水1箱+レンタル+電気代)
本体購入:2,756円~
(水1箱+電気代)
5,348円~
(水1箱+電気代)
月50L以上
購入の料金
レンタル:9,170円~
(水3箱55.8L+電気代)
本体購入:7,508円~
(水3箱55.8L+電気代)
10,016円~
(水2箱57.6L+電気代)



スラットとコスモウォーター比較

フレシャススラットとコスモウォーター比較

下から水を交換するスタイルが同じコスモウォーターと比較してみました。


価格は全て税込
※横スクロール可能
スラット(Slat) コスモウォーター
(Smartプラスサーバー)
リヒート機能 ×
常温水機能 ×
エコモード
SLEEP機能 ×
フレッシュ機能
省エネ式
デュアルタンク
×
チャイルドロック
選べるカラー マットホワイト
マットブラック
ブラック
ホワイト
ピンク
初期費用 無料 無料
メンテナンス費 無料 無料
レンタル料 月額972円
(本体購入は無料)
無料
レンタル料が
無料になる条件
前月3箱以上注文 条件無しで無料
1箱の中身 9.3Lボトル2本 12Lボトル2本
天然水料金 レンタル:1本1,465円
本体購入:1本1,188円
1本1,900~2,052円
(RO水1本1,350円)
500mlの価格 レンタル:78.9円
本体購入:63.9円
79.2~85.5円
(RO水56.3円)
水購入ノルマ 最低4週に1箱購入
2ヶ月注文なしで
月1,080円の手数料
最低1ヶ月に1箱購入
2ヶ月注文なしで
月864円の手数料
(RO水は最低20日に1箱購入
1ヶ月注文なしで手数料発生)
水配送料 無料 無料
ボトルの形式 ワンウェイ(使い捨て)方式 ワンウェイ(使い捨て)方式
天然水の種類 FRECIOUS富士 富士の響き
日田の誉
古都の天然水
(RO水:プラスプレミアム)
本体サイズ 幅:290mm
奥行:350mm
高さ:1,100mm
幅:300mm
奥行:340mm
高さ:1,100mm
重さ 24kg 20kg
タンク容量 冷水:1.5L
温水:1.5L
冷水:1.6L
温水:1.25L
消費電力 冷水:90W
温水:430W
冷水:85W
温水:350W
電気料金 月380円~ 月465円~
最低利用料金 レンタル:4,282円~
(水1箱+レンタル+電気代)
本体購入:2,756円~
(水1箱+電気代)
天然水:4,236円~
(水1箱+電気代)
RO水:4,486円~
(水1.5箱+電気代)
月50L以上
購入の料金
レンタル:9,170円~
(水3箱55.8L+電気代)
本体購入:7,508円~
(水3箱55.8L+電気代)
天然水:11,836円~
(水3箱72L+電気代)
RO水:8,536円~
(水3箱72L+電気代)



フレシャススラットのメリット・デメリットまとめ

フレシャススラットのメリット

  • とにかく見た目がオシャレ!
  • サーバー下部でのボトル交換が非常に楽
  • リヒート(再加熱)機能、常温水ボタンといったデュオにはない新機能
  • エコモード、SLEEP機能、フレッシュ機能、デュアルタンク構造など従来の機能も搭載
  • 給水口が従来より16.5cmアップで使い心地改善、トレイもワイドタイプで鍋もらくらく置ける
  • ボトル容量が9.3Lに増量、デュオの7.2Lパックより交換頻度が減らせる
  • 500mlごとの料金が安いため、デュオやサイフォンモデルよりお得
  • 2016年12月1日より本体購入プランが追加 new

デザイン性に加え、高機能・多機能性が売りのウォーターサーバーだと言えます。

本体購入プランの登場によって、天然水料金がフレシャス内で最安になったことも非常に大きなメリットですね!

フレシャススラットのデメリット

  • サーバーレンタル料がデュオよりも高い(月額900円)、無料になる条件は月3箱以上注文(55.8L)
  • ボトル容量が9.3Lのため重い(フレシャスデュオ、サイフォンは7.2Lパック)
  • ボトルが使い捨てのクラッシュボトルなので、デュオのパック式よりはゴミ出しの手間が多い
  • ペットボトル素材なので、水が減って縮む際に「ベコッ」と音がする
  • 選べる天然水が現状では1種類のみ

デュオのビニールパック式天然水に比べると、やはりゴミが多くなってしまうのが欠点ですかね。

ボトルが縮む際に音がしてしまうので、寝室などに設置するのはあまり向かないでしょう。

天然水の種類も、ぜひ今後は増やしていってほしいところです(^_^;)


フレシャススラット公式サイト



利用者の感想・口コミ

3年以上使っていたウォーターサーバーを新しくしました(*^_^*)
デザインはもちろん、給水口の位置も今まで使っていたものよりも高くなって、すごく使いやすくなりました!
常温のお水が出るのも便利♡
ペットボトルのお水のほうが断然割安なんですが、我が家はもうサーバーが手放せない…💦


口コミ・感想は別記事にてまとめています。



フレシャスで現在開催中の契約キャンペーン

スラット本体購入価格5,000円割引キャンペーン

※2017年6月15日締め切り!

フレシャススラット本体5000円割引き

スラットの本体購入価格が、期間中は5,000円値引きされます!

値引き価格のまま分割払いにすることも可能なので、月額費用を少しでも抑えたい方はぜひ活用してみてください。

オリジナルエコバッグプレゼントキャンペーン

※2017年6月18日締め切り!

フレシャスオリジナルエコバック

今なら新規契約者に、フレシャスオリジナルのエコバッグがプレゼントされます。

カラーはホワイトとブルー2種類ありますが、残念ながら色の指定はできないそうです(^_^;)

乗り換えキャッシュバックキャンペーン

※2017年6月25日締め切り!

フレシャス乗り換えキャンペーン

他社からのウォーターサーバー乗り換えで、解約にかかる違約金や手数料をフレシャスが最大16,200円キャッシュバック!してくれます。

業者によっては解約に2~3万円必要なこともあるので、人によってはかなりオトクなキャンペーンではないでしょうか?

他社サーバー解約から30日以内にフレシャスに乗り換えた方が対象ですので、当てはまる方はぜひ活用してみましょう!


フレシャスのキャンペーン解説は、別記事にも詳しくまとめています。



まとめ

サーバー購入プランも新たに追加され、スラットは一人暮らしから大家族まで、かなり幅広い層に対応できるウォーターサーバーになってくれました。

しかし、何と言っても魅力はやはりデザインですよね!デザインに関しては、フレシャスが業界で頭一つ抜きん出ているという印象です。

最近はどこも見た目には工夫をこらしていますが、やはりまだまだ無骨なデザインのサーバーが主流ですからね~。

フレシャスのウォーターサーバーを使っていると、友人やお客さんを招いた際にとても驚かれた!なんて口コミがよく見受けられます。

今後も、スラットと他社ウォーターサーバーの比較などは少しずつ増やしていく予定です。皆さんのウォーターサーバー選びに是非お役立てください!

フレシャススラット公式サイト






おすすめ記事

フレシャススラットに本体購入プランが登場!フレシャス内で最安料金のウォーターサーバーに - フレシャススラット徹底比較!

フレシャスデュオとスラットどっちがお得?料金プランを徹底的に比較してみた(本体購入・レンタル) - フレシャススラット徹底比較!

フレシャスデュオにも本体購入プランが登場!ネット申込も可能に【本体価格と天然水の割引キャンペーンも実施中】 - フレシャススラット徹底比較!